富山県天文学会メインページ > 秋の星をさがそう_2018年秋


10月から11月の星空



【西の空】
夏の大三角が見えています。ベガは下に、デネブは上に見えます。夏の大三角は12月ごろまで見え、そのころにはベガとアルタイルが地平線の上に左右に仲良く並んで見えます。
ベガはこと座、アルタイルはわし座、デネブははくちょう座です。

【南の空】
赤い火星が見えます。火星の左下にはみなみのうお座のフォーマルハウト、10月までは火星の右に土星が見えます。

【北の空】
Wの形に星が並んだカシオペヤ座が見えています。カシオペヤ座から北極星を見つけることができます。

【南の空】
南の空高くに長方形の形に星が並んだぺガスス座を見つけることができます。
ぺガススの四辺形から色々な星座を見つけることができます。
(2) ぺガススの四辺形の西方向の縦線を南に伸ばしてください。
  明るい星が見つかります。これはみなみのうお座のフォーマルハウトです。
(3) 東の方向に四辺形を含む6つの星で、北斗七星に似た「ひしゃく」の形を見つけてください。
  ぺガススの四辺形の北東の星一つを含む3つの星がアンドロメダ座です。
(4) ぺガススの四辺形の東方向の縦線を北に伸ばしてください。
「W」の形に星が並んでいます。アンドロメダ姫のお母さん、カシオペヤ座です。
(5) ぺガススの四辺形の東方向の縦線を南に伸ばしてください。
    少し明るい星が見つかります。これはくじら座のデネブカイトスです。
   アンドロメダ姫がいけにえにされかけた化けクジラのしっぽです。
(6) アンドロメダ座の東には二つの星が南北に並んでいます。これがペルセウス座です。